ハノイには穏やかな秋がある

ハノイには穏やかな秋がある-10

ハノイの秋は、長い間、美しさを愛する人々の心を魅了してきたタイトルと見なされます。夏のようにまぶしくなく、冬のように寒くもなく、秋は午後に暖かい黄色の日差しが差し込む魅力的な美しさを思い起こさせます。

ハノイには穏やかな秋がある-16

秋の太陽の下に、ハノイは黄色のシャツを着ていました。一日終わりの太陽の光は、がかつてないほどロマンチックになっている千年文明首都の絵を飾っています。

ハノイには穏やかな秋がある-17

日没が来ると、日光が葉を透過し、街角を黄色に照らします。一日終わりに黄色い光が各通りの古代の特徴を飾ります。

ハノイには穏やかな秋がある-13

ジタノキの花の強い香りがそよ風と混ざり合い、隅々まで込まれていることは、故郷を離れた多くの人の心にある思い出となりました。この時点に、ハノイは、香りと色の両方を感じる絵のように美しいです。

ハノイには穏やかな秋がある-12

夕方に黄色の日差しの中に目に立つ露天商人のイメージは、感情を揺さぶりました。このとき、忙しい街の真ん中での生活の苦労を完全に理解できるでしょう。

ハノイには穏やかな秋がある-14

朝と夕方の転換時間に首都の生活のリズムは遅くなるように見えました。後少し、太陽が沈没すると、誰も家族に戻るために仕事を完了して退勤する時間です。

ハノイには穏やかな秋がある-11

木の下で、お気に入りの本を選んで、穏やかな日差しを浴びて疲労を払拭するのが最善の方法です。このとき、魂は驚くほど突然にバランスが取れ、穏やかになりました。

ハノイには穏やかな秋がある-18

仕事で長い一日を過ごした後に、多くの人は、渋滞と騒音にもかかわらず、静かな景色の中でリラックスするコーナーを見つけることを利用しています。